タグ: 観光 (144)

ソート基準 日付 / 題名 / URL

  1. 2022-05-10 to , by takuya
  2. 2022-01-15 to , , , by takuya
  3. 2021-12-06 to , by takuya
  4. 2021-11-04 to , , , by takuya
  5. 2021-09-05 to , , by takuya
  6. 2021-02-24 to , , , , by takuya
  7. 2020-07-15 to , , , , by takuya
  8. 2020-06-09 to , by takuya
  9. 2020-05-18 to , by takuya
  10. 2019-09-03 to , , , , , by takuya
  11. 2019-09-02 to , , by takuya
  12. 2019-08-12 to , , by takuya
  13. 2019-07-23 to , , , by takuya
  14. 2019-07-08 to , , by takuya
  15. 2019-06-17 to , by takuya
  16. 2019-02-28 to , , , , by takuya
  17. 2019-02-02 to , , by takuya
  18. 2019-01-29 to , , , , , by takuya
  19. 能登半島では近年、イノシシが激増しているという。理由は、温暖化によって里山に雪が少なくなっているか…
  20. 鶴岡八幡宮を参詣した後に、愛らしい鳩の形をしたお菓子を買って帰る。鎌倉ではそうした観光客の姿があち…
  21. 「いまどきの中国人は財布なんて持たないのさ」――そんなコメントをよく聞く。日本に来た中国人観光客は、財布を開いて小銭を数える日本人をチラ見して、「中国は完全に日本を抜いた」と溜飲を下げているらしい。だが、「財布を持たない」なんてホントなのか、「現金いらない」は単なる見栄じゃなかろうか? じつは、そう思わざるを得ない「キャッシュレス問題」が中国ではいまいたるところで起きているからだ。ほとんど報じられてない中国キャッシュレス化の「闇」についてレポートしたい。
  22. 1日、2人乗り「タンデム自転車」の鹿児島県内の公道での走行が解禁された。視覚障害者も楽しむことができ、観光地での活用やサイクリングイベントの開催などにつなげる ...
  23. なぜ秋葉原から「本当のオタク」がいなくなったのか 世界有数の電気街として知られる東京・秋葉原は、テレビやPCなどの家電からコンデンサや抵抗器といった電子部品まで、機械なら何でも手に入るだけでなく、アニメグッズやゲームセンター、メイドカフェなどサブカルチャーの街としての側面も持つオタクの街。それが一般的なイメージだろう。 インバウンドの街に変貌した秋葉原に古参のオタクは何を思うのか。(PIXTA=写真) しかし、今の秋葉原の実態は観光客向けの形骸化した萌えとインバウンドの街であり、オタクの街ではない。それが
  24. 中国人観光客が偽造の国際運転免許証でレンタカーを運転し、交通事故を起こすケースが相次ぎ、警察庁が中国政府に対し、国際免許制度を国民に周知するよう申し入れ ...
  25. 官民連携し試験運航 横浜市と川崎市の間を観光船でつなぐ水上交通の可能性を探るため、両市と民間事業者が10月6日、試験運航を実施する。川崎市幸区から横浜市中 ...
  26. SpaceXのイーロン・マスクCEOが、SpaceX本社で会見を開き、巨大宇宙船BFRを使った世界初の民間月観光旅行の乗客第1号として日本の前澤友作氏(スタートトゥデイ社長)と契約したことを発表しました。 発表会見では、まずイーロン・マスクCEOがBFRの改良点についての説明を行い、つづいて乗客第1号として前澤氏を招き入れました。 前澤氏は2023年にともに月に向かう6~8人のアーティストを招待したいとその計画を語りました。アーティストと言ってもすぐに思い浮かぶミュージシャンや画家ばかりではなく、写真家、
  27. スペイン北部ラニャドイロ村の教会にある、修復前の像(左)と、派手な色で塗り直された像(AFP時事) 【マドリードAFP時事】スペイン北部アストゥリアス自治州のラニャドイロ村にある小さな教会で最近、15世紀のマリア像が派手な色彩で修復され、スペイン各紙の話題をさらっている。修復前は木目がそのままの彫像だったが、今は鮮やかなピンクやスカイブルーで塗られ、殺到する批判に対し、修復した近所の女性マリア・ルイサ・メネンデスさんは「私はプロではない」と地元紙に反論した。 メネンデスさんは教会の責任者の許可を取って修復
  28. 世界中から観光客が集まるイタリアのフィレンツェで、路上での食事を禁止する条例が施行された。違反に対しては500ユーロ(約6万4000円)以下の罰金が定められている。
  29. ソフトバンクとヤフーが設立したPayPayは9月5日、中国で広く普及している決済サービス「Alipay」と連携すると発表した。今秋に提供を始めるPayPayの加盟店でもAlipayを利用できるようにし、中国人観光客の来店を促すことで、インバウンド消費を取り込む考えだ。 PayPayがAlipayと連携する PayPayは(1)店舗側が表示するQRコードを利用者がスマートフォンなどで読み取るか、(2)利用者が提示したQRコード、バーコードを店舗のレジで読み取る、といういずれかの方法で決済できるようにするが、
  30. ちょうど今から3年前。米ボストンの観光スポットにもなっているボストン美術館で、同館が所有するクロード・モネの有名な作品「ラ・ジャポネーズ」にちなんだイベントが開…
  31. 台風20号の影響で北淡震災記念公園(兵庫県淡路市小倉)横の風力発電用の風車が倒壊した事故。現在、設置者である淡路市などで原因を調べているが、島内では再生可能エネルギーの活用が積極的に進められ、風力発電は20基以上が設置されている。各市の担当者は再発防止を視野に推移を見守っている。 淡路市商工観光課によると、倒壊した風車は平成14年4月に同公園に隣接する敷地で稼働開始。当初は公園に必要な電力を供給していたが、昨年5月に電気系統が故障し、それ以降は稼働していなかった。 風車は風速60メートルまで耐えられる構造
  32. ガントリークレーンって、写真で見ていたよりもずっと大きい!」 相模女子大学高等部1年の佐藤一葉さん(15)は、横浜港を巡る観光船「マリーン・シャトル」から身を乗り出す ...
  33. 箱根を訪れる観光客に人気の芦ノ湖の海賊船。2019年4月に新型船が就航する予定だ(筆者撮影) 小田急電鉄傘下で箱根エリアの交通機関を運営する小田急箱根グループが8月1日、都内で開いた記者発表会には多くの報道関係者が詰めかけた。打ち出したのは約100億円を投資し、新型観光船の導入や登山電車・ロープウェイの駅舎改修など、大幅なリニューアルを実施する計画だ。2020年開催の東京五輪・パラリンピック後の不透明な経営環境を見据え、今のうちからグループを挙げて一大観光地・箱根の競争力を強化する考えだ。 「ゴールデンコ
  34. キャッシュレス化のカギは「コンビニと銀行」 本格的に、「お財布不要」の時代が来るかもしれない。 日本でも利用が進む「アリペイ」。(写真=アフロ) 現金のやりとりなしで決済をする「キャッシュレス化」が世界的に進んでおり、2015年の民間消費に占めるクレジットカードとデビットカードの割合は世界で約40%にのぼっている。だが、日本は17%程度で、現金決済を好む文化が根強い。日本は治安が良く、偽札も少ないうえ、ATMなど金融インフラが整備されており、現金決済が便利なためだ。「プライバシー情報を第三者に渡すことに抵
  35. 7月中旬以降、黄河の上流で雨量が増え、ダムの放水量が増した。新華網が伝えた。【その他の写真】山西省吉県と陝西省宜川県の境界にある壺口瀑布(滝)の水かさが ...
    2018-08-09 to , , , by takuya
  36. [パリ 31日 ロイター] - パリのエッフェル塔で、エレベーター利用のルールが変わったことから、熱波の中で観光客らがいらいらしながら長い列を作る状況が発生している。 エッフェル塔管理事務所は今月、これまで2機のエレベーターを当日の来館者に利用させていた規則を変更し、1機は事前に入場券を購入した来館者だけが利用できるようにした。 事前に入場券を購入せずに来館した観光客らは、塔の土台を1周する長蛇の列に並んでいる。最大3時間待たされていると話す来館者もおり、もう1機のエレベーターにほとんど列ができていないこ
  37. 外国人旅行者が急激に増えている高野山。外国人観光客からのネガティブなレビューへの、ある僧侶の歯に衣着せぬ反応が話題になっている> ...
    2018-08-01 to , , by takuya
  38. 「呑兵衛の聖地」とも呼ばれている横浜・野毛。「野毛都橋商店街ビル」には約60軒ものスナックや飲食店が軒を連ねている(編集部撮影) スナック女子として全国津々浦々のスナックを巡ってきた筆者にも、あこがれを抱くエリアがある。JR桜木町駅から徒歩10分ほどのところにある、横浜市中区・野毛だ。そこは、庶民的な居酒屋が密集し、「呑兵衛の聖地」とも呼ばれている。その名のとおり、仕事帰りのサラリーマンがその一帯に吸い込まれていく様子が見て取れる。 さらに歩くと、大岡川のカーブに寄り添うように、弓型の「野毛都橋商店街ビル
  39. 熱海は、なぜ活気を取り戻すことができたのでしょうか(撮影:梅谷秀司) 一時「衰退した観光地」の代名詞になっていた熱海は、なぜ活気を取り戻すことができたのか。民間の立場から熱海のまちづくりに取り組み、このたび『熱海の奇跡』を上梓した市来広一郎氏が語る。 熱海のV字回復 衰退していた熱海がV字回復した。 『熱海の奇跡』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします) 2014年頃からマスコミなどで盛んにそう言われ、注目されるようになりました。かつて、首都圏の近郊に位置する温泉地として栄えた熱海は高度
  40. オーストラリア中部の有名な巨大一枚岩「ウルル」で3日、登山中の日本人観光客が死亡した。ウルルでは2019年10月から登山が禁止される予定。
  41. 2018-06-29 to , , by takuya
  42. 5月3日に始まって以来、いまだ火山活動が衰える気配のない米ハワイ州のキラウエア火山だが、燃え盛る溶岩を背景に自撮りをしようという観光客や住人があとを絶たない。
    2018-06-27 to , , by takuya
  43. 2018-06-24 to , , , by takuya
  44. 中朝国境の西側の鴨緑江沿いを遡ると、河口に近い中国・丹東の対岸の新義州にでっかい煙突が見える。観光ガイドは「日本時代の王子製紙の工場で今も動いている」 ...
  45. 国内外の都市や観光地を客船で巡るクルーズ旅行の利用者が増えている。日本は欧米に比べてクルーズ旅行の認知度が低く、伸びしろが大きいとされる。海外の運航会社 ...
  46. 毎年5月、200万人が訪れるという東京・浅草の「三社祭」。神輿(みこし)の担ぎ手の中心は、地元の人ではなく、全国から集まる「やんちゃ」な人たちだ。その騒乱ぶりは激しく、最終日に行われた「神輿乗り」では逮捕者が出たこともある。宗教社会学者の岡本亮輔氏は、「三社祭が観光資源化したことで、神輿の担ぎ手に地元以外の人が増え、軋轢が生まれている」と指摘する――。 三社祭のハイライト「本社神輿各町渡御(ほんしゃみこしかくちょうとぎょ)」(写真=時事通信フォト) 200万人近くを集める人気の「三社祭」 5月、東京は祭り
  47. 観光丸」(353トン)や、ロシアの「パラダ」(2987トン)
  48. 2018-04-15 to , , by takuya
  49. 福島県いわき市の温泉テーマパーク「スパリゾートハワイアンズ」。その前身は炭鉱だ。約50年前に“炭鉱から観光へ←という業種転換を成し遂…
  50. グアダラハラは首都メキシコシティに次ぐメキシコ第2の大都市で、スペイン植民地時代の面影が残る観光名所としても名高い街でもあります。グアダラハラが急ピッチで近代化を進めたのは今からおよそ70年前ですが、その工事の中で「どうしても取り壊しができないビルを根こそぎ持ち上げて移動させる」という驚くべき方法がとられていました。
  51. Googleの、子どものための機能は、もちろん子どもの親にとっても重要だ。これからはGoogleの上で、ディズニーランド訪問の計画を立てられる。お金は一銭も使わない。Google MapsのStreet View機能のおかげで、11のDisney Parks※を訪ねられるのだ。 この機能はまだアメリカだけだが、それでも、思い出に浸ったり、初めて行くところを調べたりできる。 Google Mapsがこうやって、観光のためのツールにもなるのは、おもしろい。とくにアジアでは、各国政府とその観光局がGoogleと
  52. 「プチ富裕層」の中国人観光客が増えている。人気が高いのは「温泉旅館」。だが不満もあるという。中国で日本のライフスタイルや旅行に特化…
  53. <シンガポールに代表される都市型の統合型リゾートでは、収益の柱は国際会議で、カジノは余暇を楽しむサービスとして提供されているだけ> 巨大ホテルにカジノなどの娯楽施設を併設した、統合型リゾート(Integrated Resort, IR)というのが日本経済の浮揚には必要だという議論がありますが、これに

最初へ / 前へ / 次へ / 最後へ / ページ(1/1)