タグ: がん (81)

ソート基準 日付 / 題名 / URL

  1. 2022-07-01 to , , by takuya
  2. 2021-12-20 to , , by takuya
  3. 2021-11-29 to , , , by takuya
  4. 2021-09-27 to , , , by takuya
  5. 2020-05-19 to , , by takuya
  6. 2020-03-31 to , , , , by takuya
  7. 2019-11-26 to , , , , by takuya
  8. 2019-09-11 to , , , by takuya
  9. 2019-05-23 to , by takuya
  10. 2019-05-21 to , , by takuya
  11. 2019-03-19 to , , , by takuya
  12. 2019-03-17 to , , , by takuya
  13. 2019-03-17 to , , , by takuya
  14. 2019-03-17 to , , , by takuya
  15. 医療費の負担を抑えるには、なにがポイントになるのか。「プレジデント」(2017年2月13日号)では11のテーマに応じて、専門家にアドバイス…
  16. 多くの人ががん検診について「受けなければ」と思いながらも、どの検査を、どのくらいの頻度で受けるべきか分からずにいる。今回は本連載の筆者が、国立がん研究センターの溝田友里氏と対談。がん検診の基本と受ける利益、不利益について意見を聞いた。
  17. 2018-12-07 to , , by takuya
  18. 2018-11-26 to , , , by takuya
  19. Preferred Networks(以下、PFN)および、ディー・エヌ・エーとPFNの合弁会社であるPFDeNAは、血液検査で14種類のがんを検出できる深層学習技術利用検査システムの開発を開始した。
  20. 今年1月に乳がんで死亡した大分市の女性(当時57歳)の遺族が、余命告知を受けなかったため充実した余命を過ごせなかったとして、通院先のアルメイダ病院(大分市)を ...
    2018-10-26 to , , , by takuya
  21. がん特効薬と呼ばれる「オプジーボ」に続き新たな免疫療法「CAR―T(カーティー)細胞」が注目されている。特定の白血病患者の8割に効くという驚異的な効果の反面、治療 ...
    2018-10-01 to , by takuya
  22. Image
  23. 会社に言われるまま退職に応じていては、正社員になった意味が…(筆者撮影) 現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。 記録的な猛暑日が続いた7月末。テツハルさん(34歳、仮名)は就職活動に奔走していた。 この連載の一覧はこちら ある日の正午過ぎ、都内のオフィス街を汗だくで面接会場に向かっていたとき、ふいに足
  24. 昭和大学は、AI(人工知能)による大腸内視鏡検査支援システムを開発した。ディープラーニングを活用し、内視鏡の画面の中にポリープやがんが映っていた際に自動検知する。
  25. 2018-08-28 to , by takuya
  26. 患者から採取した細胞組織を顕微鏡で観察するなどして、「がん細胞や腫瘍はないか」といった疾患の有無を判断する病理診断。この診断を専門に行う病理医が今、国内外で不足傾向にあるという。 そんな現状を「AIによる病理画像診断ソフト」を通じて改善しようと試みているのが、福岡に拠点を構える九州大学発ベンチャーのメドメインだ。同社は8月17日、 DEEPCOREとドーガン・ベータを引受先とした第三者割当増資により1億円の資金調達を実施したことを明らかにした。 病理医が気づきにくい病気もAIが発見 そもそも病理診断に関し
  27. 2018-07-17 to , , by takuya
  28. 日立製作所は4日、「線虫」と呼ばれる体長1ミリほどの生物を使ったがん検査の実用化を加速させると発表した。線虫は、がん患者の尿に含まれる微量物質をかぎ分ける ...
    2018-07-05 to , , , by takuya
  29. 組織的な天下りや学校法人「加計学園」を巡る問題など不祥事が続いてきた文部科学省に新たな疑惑が浮上した。同省事務方トップの事務次官の有力候補と目された局長が大学側への便宜の見返りに、わいろとなり得る「わが子の不正合格」を得たという受託収賄事件。教育行政への信頼を揺るがす事態に、同省関係者は言葉を失った。 「局長逮捕」が明らかになった4日夕、文部科学省に衝撃が駆け抜けた。「恥ずかしい話で、モラルがゆがんでいる。文科行政を担う者として失格だ」「教育をつかさどる文科省が最も信用を失うのが、この手の裏口入学だ。残念
  30. 横浜市立大病院(横浜市金沢区)で2012年、60代の男性がコンピューター断層撮影(CT)検査で「腎臓がんの可能性」と診断されたが院内で情報共有されず、検査から5 ...
  31. 2018-05-30 to , , by takuya
  32. トランプは米高官を北朝鮮とシンガポールに派遣し、金正恩が身動き取れないようにがんじがらめにした。みごとなのは、そのついでに習近平に「出しゃばるな!」と釘を刺す ...
  33. 人工知能(AI)の進化で、作業が効率化されるといわれる分野の1つが「医療」だ。東京大学の研究者がつくった画像診断ソフトは、ガンや脳梗塞などを9割の精度で発見し、診断を助けるという。「生物×IT」で世界のパイオニアになると語る、若者に見える世界とは──。 がんや脳梗塞を9割の精度で発見するソフトウエア 【田原】島原さんは画像解析のビジネスをやってらっしゃる。基本から教えてください。画像解析って何ですか? 【島原】顕微鏡で細胞を観察するとします。昔は「形がおかしくなった」とか「暗くなった」というように、細胞の
  34. 応援される営業術: 会社で応援される人に、どのような傾向があるのか。信頼、誠実、謙虚など、さまざまな言葉が浮かんでくるが、やはり一生懸命仕事をする人は応援されやすい。そして、絶対に欠かせないのが「結果」である。 例えば、「営業の成績が伸び悩んでいる」人は、どのようにすれば売り上げを伸ばすことができるのか。結果を残すためには、何をすればいいのか。本特集「応援される営業術」では、営業経験者ではなく、さまざまな業界で活躍している人にアドバイスをいただく。 どうすればピンチを脱出できるのか、どうすれば成長できるの
  35. 遺伝子検査の最強スタートアップ23andMeが今日、さまざまな形のがんに結びついている遺伝子を調べる、消費者直送型のテストキットにFDAの公式の認可が下りたことを発表した。近く発売されるそのキットは処方箋不要で使用でき、卵巣、乳房、および前立腺のがんの高いリスクに結びついているとされるBRCA1とBRCA2遺伝子をテストする。 “初めてのそして唯一の消費者直送型遺伝学企業として、処方箋不要のがんリスク検査にFDAの認可を得たことは、23andMeと消費者の両方にとって大きな前進である←、と同スタートアップ
  36. 2017-12-17 to , by takuya
  37. 「安全性を確保するガイドラインをしっかり作ったうえで、抗がん剤の処方が多い病院を中心に、残ったクスリを別の患者に使えるよう整備すれば、国の医療費を年間500億円削減できるのではないか
    2017-12-04 to , by takuya
  38. updated: 2021-06-07, original: 2017-11-14 to by takuya
  39. 早期の前立腺がんを「手術するグループ」と「治療せずに経過観察するグループ」にランダムに分けて20年間経過を追ったところ、両グループで前立腺がんの死亡率には、統計学的な差がなかった
    2017-11-10 to , by takuya
  40. 2017-10-11 to by takuya
  41. 2017-09-19 to , , by takuya
  42. 2017-08-09 to , , by takuya
  43. 2017-06-26 to , , , by takuya
  44. 2017-05-24 to , , , by takuya
  45. 2017-05-24 to , , by takuya
  46. 2017-05-17 to , , by takuya
  47. 2017-05-15 to , , by takuya
  48. 2017-05-02 to , by takuya
  49. 線虫ががん患者の尿には近づき、健康な人の尿からは離れるという特性を利用する。
  50. 「欧米に比べて、日本企業の生産性は低い」といった話をよく聞くようになった。効率化を図っている企業は多いのに、なぜ生産性は上がらないのか。その背景に、結局のところ「人のがんばり」に頼っている部分があるからではないだろうか。
  51. updated: 2017-03-09, original: 2017-01-09 to by takuya
  52. updated: 2021-06-07, original: 2016-03-31 to by takuya
  53. updated: 2021-06-07, original: 2012-10-08 to , by takuya

最初へ / 前へ / 次へ / 最後へ / ページ(1/1)