タグ: 富士通 (108)

ソート基準 日付 / 題名 / URL

  1. 2021-12-20 to , , , by takuya
  2. 2021-12-13 to by takuya
  3. 2021-12-02 to , , , by takuya
  4. 船橋に載せるものかと思ったら東京マーチス用か。浦賀水道ならAIでなくてルールベースでも行けそうな気もする。
  5. 2021-08-27 to , , , , by takuya
  6. 2020-12-21 to , , , , , by takuya
  7. 2020-10-20 to , by takuya
  8. 2020-08-05 to , by takuya
  9. 2020-02-01 to , , , by takuya
  10. 2019-05-15 to , , , by takuya
  11. 2019-04-28 to , , , , by takuya
  12. つまりいつまでも続くと思って将来予測してITを決め手は行けないって事。
  13. 富士通は、高知県およびNextremerと共同で、農作物の生育から出荷までのデータを一元管理し、AI(人工知能)を活用して生産量を予測する「高知県園芸品生産予測システム」を開発した。
  14. 富士通クライアントコンピューティング(FCCL)は12月18日、富士通ショッピングサイト「WEB MART」において、文房具市場の新商品「電子ペーパー」の販売を開始したと発表した。
    2018-12-20 to , , , by takuya
  15. 最近、はてなブログで退職エントリをよく見ます。 6年勤めたNTTを退職しました 日本経済新聞社を退職しました 富士通SEを1.5年務めて辞めた結果、得られた3つの手札 1つ目はNTT研究所を辞めてGoogleに転職した方の記事。2つ目は日経新聞を辞めてGoogleに転職した方の記事。3つ目は富士通を辞めてスタートアップ…
  16. 「富士通アジャイルラボには、アジャイル開発に関する全てのノウハウと技術を集約しています。お客様と当社のSEが共創によるアジャイル開発を実践することによって、DX時代の価値創造の場を形成し、お客様との新たな関係を築き上げることを狙いとしています」
  17. 富士通研究所は2018年9月20日、会見を開き、現在開発中の2つの新技術を発表した。ビッグデータを高速に処理するための分散ストレージ技術「Dataffinic Computing(データフィニックコンピューティング)」と、データの出所や加工履歴などデータの成り立ちを示す来歴情報を確認できるようにする技術「ChainedLineage(チェーンドリネージュ)」である。2018年度から2019年度にかけて製品化する。
  18. 2018-09-11 to , by takuya
  19. ニュース Google Homeと連携可能なスマートリモコン「Nature Remo mini」が発売 スマホで家電を操作 - AKIBA PC Hotline!編集部 2018年7月23日 12
  20. [東京 3日 ロイター] - 防衛省は陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」のレーダーに、米ロッキード・マーチン(LMT.N
  21. 「記事の要約」は、長い文書から重要な情報を見極める訓練として、新人記者が最初にやる仕事の1つだ。その業務が、新人と指導役の厳しい(?)先輩記者からAIに受け渡される日は近いのかもしれない。 文章を任意の長さに要約でき、なおかつ重要な内容は逃さない――AI(人工知能)を使った文書要約の自動化サービスが、富士通フォーラム(5月17~18日開催)で展示される。 文書を要約する際、これまで人がやっていた「全体から重要な情報を選別し、文章を再構成する」作業を、機械が一瞬で完了する。信濃毎日新聞では、既に同サービスを
  22. 富士通クライアントコンピューティング(FCCL)は、2018年5月16日、レノボとの合弁会社設立後の新体制における事業方針などについて説明。会見では、開発中のエッジ ...
  23. 富士通が働き方改革の取り組みを支援するサービスとして、センシングデータからサテライトオフィスの空席確認や利用状況を分析できる「在席状況分析活用サービス」と、電子ペーパーとエッジコンピュータで会議をペーパーレス化する「ペーパーレス会議システム」を開始した。
  24. 成長市場をリードする企業が新年度の業績予想について、当初から「減収減益」を計画する“異常事態←が発生している。富士通とNECだ。いったい、どうなっているのか。
    2018-05-09 to , , , , by takuya
  25. 日本アルテラがデータセンター向けに展開を強化しているFPGA事業の戦略について説明。デルEMCと富士通のサーバ製品群に、ソフトウェア開発者でもFPGAを容易に扱える環境を用意した「インテルPACカード」が採用されたことを明らかにするとともに、国内のオンプレミスサーバ市場に向けて積極的に提案していく方針を示した。
  26. 富士通がバッテリーフリービーコン「PulsarGum」の新製品を発表。照明を抑えた室内や工場、倉庫内でも利用できるようになり、柔らかいシリコンゴムで全体を覆っているため、ヘルメットなどの曲面にも張りやすい。
  27. 新開発の「Dracena」では車両ひとつひとつの処理単位(オブジェクト)に新しいデータ処理を並行で行わせることで遅延を無くしている。
  28. 2017-12-06 to , , by takuya
  29. 2017-10-30 to , by takuya
  30. 2017-10-10 to , by takuya
  31. SAP Asia Pacific プレジデント兼CEOのHans-Peter Klaey氏によると、グローバルサービスパートナーという位置づけになっているのは現在14社のみ。国内ベンダーとしては富士通が初となる。
    2017-10-03 to , , by takuya
  32. 2017-06-28 to , , , by takuya
  33. 2017-04-25 to , , by takuya
  34. 「10年取り組んだとしても成功するかはわからない」。事業のデジタル変革に取り組む顧客からはこうした声が漏れる、富士通が注力するデジタルサービスを成長させるには、市場を開拓、成長させるための長期的な戦略と投資が必要になりそうだ。
  35. ミドルウエアはSIの付帯事業っていうのは少し悲しい
    2008-06-25 to by takuya

最初へ / 前へ / 次へ / 最後へ / ページ(1/1)