タグ: システム開発 (75)

ソート基準 日付 / 題名 / URL

  1. updated: 2019-01-16, original: 2019-01-08 to , , , , by takuya
  2. コンサルティング会社が作った要件にヌケ漏れがあった。責任を取るのは、開発会社か、コンサルティング会社か、それともユーザー企業か?――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回のテーマは「コンサルティングの義務」だ。
  3. JR東日本が製造を進めている次世代新幹線の試験車両「ALFA-X」の先頭車(撮影:尾形文繁) JR東日本は12月12日、現在製造を進めている新幹線の試験車両「ALFA-X」(アルファエックス)E956形の先頭車両1両を、メーカーの川崎重工業兵庫工場で報道陣に公開した。 ALFA-Xは最高時速360kmでの営業運転を目指し、高速で走る際の騒音の低減、緊急時により早く停まるシステムの検証など、次世代新幹線の開発に向けた試験を行う車両。2019年5月に完成予定で、試験走行での最高速度は時速400km程度を目標と
  4. システム開発に利用するプログラミング言語は移り変わりが激しい。では、現在最も使われているプログラミング言語は何だろうか。この特集では、使用言語やスキル、今後 ...
  5. 日本電気(NEC)は5日、個人情報や企業の保有する機密情報を暗号化したまま安全に分析・処理できる秘密計算を組み込んだ、システム開発を容易にする支援ツールを開発したことを発表した。
  6. はてなは8月30日、同社が提供するブログサービス「はてなダイアリー」を2019年春をめどに終了すると発表しました。 はてなダイアリー日記 同サービスは2003年から提供されているもので、シンプルな見た目やユーザー間の交流のしやすさなどから人気を博しました。2011年には実質的な後継サービスである「はてなブログ」のベータ版が提供され、2013年にはその正式版もリリースされました。 はてなでは現在、はてなダイアリーユーザーのはてなブログや他社ブログサービスへのデータ移行を呼びかけています。はてなダイアリーから
  7. アカマイ・テクノロジーズは8月23日、同社のbot検知システムをチケット販売サイト運営会社のイープラスに導入した結果、悪質なbotによるアクセスのブロックに成功し、チケット買い占め問題を改善できたと発表した。チケット購入のアクセスのうち9割超がbotだったという。 チケット販売サイト「e+」(イープラス)を運営するイープラスは、以前からチケットの転売目的と疑われるWebサイトへのアクセスに悩まされていた。これまで、難読文字や図形問題をユーザーに解かせる方法などを検討してきたが、難読文字は自動解析で突破され
  8. 「この業務にRPAを導入したい!」 そう思ったなら、あなた自身がソフトウェアロボットを開発すればいい――。前回の連載では、まさにそんなお話をしました。いわゆる“言いだしっぺの法則”のようなイメージを持たれるかもしれませんが、実際にさまざまなメリットがあります。 ロボット化(自動化)の対象となる業務は、日次や週次、場合によっては毎時間など、定期的に繰り返される作業や、回数は少なくても、ステップが多くて長大な作業が有効です。今回はこれをユーザー自身がロボット化する3つのメリットをお話しします。 メリットその1
  9. キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)は、「第21回 組込みシステム開発技術展(ESEC2018)」(2018年5月9〜11日、東京ビッグサイト)において、同年3月末に仕様が確定したTLS(Transport Layer Security)1.3のデモを披露した。
  10. 丸投げ体質
  11. 1745件に上るシステム導入/刷新プロジェクトのうち、約半数の47.2%が「失敗」。日経コンピュータが実施した独自調査から、コスト・納期・満足度の3条件を満たすプロジェクトは多くない残念な姿が浮き彫りになった。
  12. 契約でしばるしかなし
  13. 現在、世を挙げて「働き方改革」が叫ばれている。この成否に関わる要因の一つがコミュニケーションだ。だがほとんどの企業は会議やメール対応に多大な時間を取られ、本質的なビジネスに関わるコミュニケーションは思うように進んでいない。野村総合研究所(NRI)では、2022年に向けた長期経営ビジョンの柱の一つである「生産革新」の実現に向けて、こうした課題にシステム開発部門による対応を進め、大きな成果を挙げつつある。ここで活用されているのが、ビジネスにおける生産性向上で定評のあるアトラシアンのツール群とNRIが独自に開発
  14. 米アルファベット傘下で自動運転技術を開発しているウェイモが、乗り物酔いを避けるためのシステム開発を進めていることが26日までにわかった。ウェイモが申請した特許出願書類から明らかになった。 このシステムには乗り物酔いを最小限に抑制するためのルート決定などが含まれている。例えば、乗り物酔いしやすい乗客に対しては、起伏の激しくない道を通って、落ち着いた走行を提供するといった具合だ。急いでいる人の場合...
  15. お客さまは神様です。どんなにムチャを言われても応えるのがベンダーの努めです――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は「ベンダーの義務」を考える。
  16. BlueMemeは、パートナー企業であるシグマシスおよび情報技術開発と共に、アジャイル開発コンサルティングから運営・保守までの全工程をワンストップで支援するエンタープライズアジャイル開発に特化したシステム開発企業「OpenModels」の設立を発表した。
  17. updated: 2018-02-15, original: 2018-02-15 to , , by takuya
  18. 「ITに全く関係ない分野からITに飛び込んで活躍しているエンジニア」や「ITとIT以外の分野の境界を行き来しながら成果を上げているエンジニア」を「越境エンジニア」と名付け、1カ月に一人ずつインタビューを掲載する。今月取り上げるのは佐藤治夫氏。Pythonに特化したシステム開発会社であるビープラウドの創業者だ。最終回である今回は、ビープラウドとコミュニティとの関係や同社に営業社員がいない理由などを聞いた。
  19. 「ITに全く関係ない分野からITに飛び込んで活躍しているエンジニア」や「ITとIT以外の分野の境界を行き来しながら成果を上げているエンジニア」を「越境エンジニア」と名付け、1カ月に一人ずつインタビューを掲載する。今月取り上げるのは佐藤治夫氏。Pythonに特化したシステム開発会社であるビープラウドの創業者だ。今回は、ビープラウドがPythonに特化した経緯や理由、リモートワークの全面採用などについて聞いた。
  20. 情報サービス産業協会(JISA)は2017年3月22日、「情報サービス産業におけるIFRS第15号会計処理事例集(以下、事例集)」を公開した。IFRS(国際会計基準)が定める売上高の計上基準「IFRS15号」にのっとって、受託開発やクラウドサービスの会計処理を実施するための参考資料となる文書だ。
  21. 非機能要求は、以前からシステムに対する重要な要求であったが、昨今のクラウドを利用したシステム開発では、特にコスト算出に影響する事柄として適切な洗い出しが求められている。ところが、実際のプロジェクトでは二つの理由で、非機能要求が軽視されてしまうケースが少なくない。
  22. 「前回、システム開発を任せたベンダーがひどかったからね。今回は信頼できるベンダーを探している。御社は実績もあり、信頼して任せられそうだ」。ITベンダーが新規客のIT部門からそんな話を聞いたら、悪いことは言わない。その案件は即座に辞退すべきだ。
  23. サイバーセキュリティ分野における初の国家資格「情報処理安全確保支援士」制度が始まりました。資格試験の受験を検討している人も、そうでない人も過去問題にチャレンジしてみましょう。今回は、システム開発とテストの組み合わせについての問題です。
    updated: 2017-02-27, original: 2017-02-27 to , , , , , , , by takuya
  24. 三菱UFJフィナンシャル・グループが、社内システムの一部をパブリッククラウドサービスのAmazon Web Services(AWS)上に刷新すると決めたことが2017年1月23日に分かった。5年で100億円規模のコストを削減するのに加えてシステム構築の期間を短縮。フィンテック分野などで重要性が増している迅速なシステム開発を実現する。
    updated: 2017-02-23, original: 2017-02-23 to , , , by takuya
  25. BaaS(Backend as a Service) たしかにあちこちで欲しいという声がしそう
    2012-09-30 to by takuya
  26. 2012-08-09 to by takuya
  27. 2009-03-08 to by takuya

最初へ / 前へ / 次へ / 最後へ / ページ(1/1)