↑日記で日々積み重ねた情報をトップの「わんこのページ」にまとめています。

わんこ日記 [RDF] YouTubeも始めました→


2006-06-14(Wed) [長年日記]

がーん Fresh Readerはamd64では動かない!

Pentium4 2.4GHzのDebian 3.1(sarge)から、PentiumD 830(3.0GHz Dual Core)のDebian amd64 testing(etch)へ順次サーバ機能を移行中

「わんこ日記」や、「わんこのへーじ」は以降完了。MovableTypeは、DBをPostgresからMySQLに変更しようと思っているので後回し。

# ingresの時代から、Postgres党なのでほとんどのサービスはPostgresでやってきたんだけど、MythTVがMySQLしか動かないので二つのRDBを動かすのも無駄なので、新おうちサーバでは、仕方がなくMySQLに統一する予定

さて、Fresh Readerの番だと思ってアクセスしてみると

以下の指示に沿って設定を変更してください。

1. /etc/php4/apache2/php.ini をエディタで開く

2. php.ini に 以下の一行を、他の zend_extension 項目よりも先に追加する(zend_extension がなければ、どこに記述しても構いません)。

zend_extension_ts = /home/www/freshreader/ioncube/ioncube_loader_lin_4.4_ts.so

3. php.ini を保存してエディタを終了する。

4. Webサーバーを再起動する。

[システムの設定方法 - フレシュリーダーより引用]

と出てきたので、「はい、はい」って設定したけど、設定しても同じメッセージ。

良く考えると、リンクしているのはフレッシュリーダから配布されている、共有ライブラリ。

もしかしてこれはLinux 32bit用では? と思って調べると

フレッシュリーダーの動作環境

Linux版

glibc 2.1以上 / x86(32Bit)CPU に対応

[Fresh Reader ホーム >> ダウンロード より引用]

ってことで、ionCube PHP EncoderによりPHPのプログラムを保護されていて、こいつのためのローダーが、Linuxは、i386にしか対応していないそうだ(;_;

残念だけどBloglines」に戻るしかないかなぁ〜

やっぱり64bit(x64)(amd64)の壁は厚い。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ findup (2006-06-19(Mon) 18:25)

http://www.ioncube.com/loaders.php<br>からamd64用のライブラリがダウンロードできますので、それと差し替えれば動くと思います。私も以前、Athlon64マシンでFresh Readerをインストールしたことがありますので…

_ わんこ (2006-06-19(Mon) 19:37)

findupさん、情報ありがとうございます。ioncube.comから、Linux (x86-64)を取ってきて入れ換えたらDebian amd64でも動くようになりました。<br>% file ioncube.x86/ioncube_loader_lin_4.4_ts.so <br>ioncube.x86/ioncube_loader_lin_4.4_ts.so: ELF 32-bit LSB shared object, Intel 80386, version 1 (SYSV), stripped<br>が、オリジナルで、下がx64用<br>% file ioncube/ioncube_loader_lin_4.4_ts.so<br>ioncube/ioncube_loader_lin_4.4_ts.so: ELF 64-bit LSB shared object, AMD x86-64, version 1 (SYSV), stripped

本日のPingbacks(全0件)

Google Web検索 on-o.com内を検索