↑日記で日々積み重ねた情報をトップの「わんこのページ」にまとめています。

わんこ日記 [RDF] YouTubeも始めました→


2020-10-21(Wed) [長年日記]

[HDD] あり、SMARTのテストもパス

昨日のHDD壊れたかもとテストしていたのだけど

# smartctl -l selftest /dev/sdc

smartctl 7.1 2019-12-30 r5022 [x86_64-linux-5.7.0-2-amd64] (local build)

Copyright (C) 2002-19, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

=== START OF READ SMART DATA SECTION ===

SMART Self-test log structure revision number 1

Num Test_Description Status Remaining LifeTime(hours) LBA_of_first_error

# 1 Extended offline Completed without error 00% 29737 -

# 2 Short offline Completed without error 00% 27040 -

# 3 Extended offline Completed: read failure 10% 27019 -

# 4 Extended offline Completed: read failure 10% 26953 -

# 5 Extended offline Completed without error 00% 21620 -

# 6 Short offline Completed without error 00% 12787 -

# 7 Extended offline Completed without error 00% 2366 -

# 8 Short offline Completed without error 00% 2346 -

2 of 2 failed self-tests are outdated by newer successful extended offline self-test # 1

代替セクターが効き始めたのか、エラー無く無事に終了している。

そういえば、#3, #4で起こっているリード失敗も治ったな。

[HDD] zfs scrubやSMARTセルフテスト中の性能

IOPSは、sdc TOSHIBA 8TBに比べて今回のsdc 4TBは半分

IOPS

sdcはzfs scrubで連続リードするとレイテンシーが落ちる。ちなみに緑のsdaはSSD

レイテンシ

SMARTの様子を見るとsmartctl_exit_statusが5:30ごろから0(正常)にもどっているのでセルフテストの途中で代替セクターが効くようになったのかな?

SMART

ちなみにscrubは2つのHDDの読み合わせなのでスループットは同じ

スループット

Utilizationは、遅いsdcが全力疾走していることがわかる

Utilization

全体みると、sdcのSeagate Desktop HDD.15 ST4000DM000 は、遅い。

けど、おうちさーばの通常状態では、全力出し切っていない。

本日のPingbacks(全0件)

Google Web検索 on-o.com内を検索