↑日記で日々積み重ねた情報をトップの「わんこのページ」にまとめています。

わんこ日記 [RDF] YouTubeも始めました→


2020-07-08(Wed) [Debian] SquidGuardが起動できずCPU 100% [長年日記]

Debianパッケージのupgradeの後にCPU利用率が高く100%近い。

よく調べてみると

Jul 8 07:03:59 mirara squid[1533]: WARNING: redirector #Hlpr187879 exited

Jul 8 07:03:59 mirara squid[1533]: Too few redirector processes are running (need 1/5)

Jul 8 07:03:59 mirara squid[1533]: Starting new helpers

Jul 8 07:03:59 mirara squid[1533]: helperOpenServers: Starting 1/5 'squidGuard' processes

Jul 8 07:03:59 mirara squid[9206]: ipcCreate: /usr/bin/squidGuard: (13) Permission denied

と、squidの中で危険なサイトの中継をするSquidGuardが起動できていない。

url_rewrite_program /usr/bin/squidGuard -c /etc/squidguard/squidGuard.conf

と、/etc/squid/squid.confで設定しているのだけど…

なかなか思いあたらなかったが、squidバッケージのインストール時にapparmorの設定ファイルが入れ替えられた事を思い出し、新旧ファイルを比較しているがどちらもSquidGuardの設定はなく???だったが、

# aa-genprof /usr/sbin/squid

# aa-logprof

で、ログからapparmor設定に追加を入れたら、動くようになった。

このときに、バックアップ取り忘れて/etc/apparmor.d/usr.sbin.namedとusr.sbin.squidが書き換えられてオリジナルの設定ファイルが無くなってしまった。

バッケージの設定ファイルは、普通にreinstallするとユーザ設定が優先されて出てこないので、

# aptitude reinstall -o Dpkg::Options::="--force-confask" squid

として、設定ファイルの変更について聞いてくるようにして、「N」と答えて、.dpkg-distが残るようにする。

本日のPingbacks(全0件)

Google Web検索 on-o.com内を検索