カナールのクリスマスケーキ。
今年はチーズケーキにしました。
クリーミーで満足度高いです!
131223_144405.JPG
春の鎌倉は、観光客で混雑しています。
八幡宮から道を横に入って、少し人通りの少ないところにあるフレンチレストラン「レネ」に行って来ました。

一品一品、丁寧に作って丁寧にサーブしてくれる、素敵なお店でした。
お店にいる間も頻繁に予約の電話が入り、かなり人気ようです。
大切な人とゆったりした時過ごすのに、お薦めです。

急に真冬の寒さとなりました。
心配になり、被災者の方に状況をお伺いしましたら、仮設暮らしは相当厳しい状況のようです。

まず、隙間風。
室内に風がびゅーびゅー入り、カーテンが揺れる状態だそうです。
隙間に貼るテープ(?)を自治体が配ったそうですが、あまり効果がないそうで...。

防寒のために、やはり布やカーテンが必要なようです。

陸前高田などで厚めのカーペットなど配られている所もあるようですが、釜石まで行き渡っていないようです。

そして、将来の見通しへの不安。
沿岸部の元宅地は、防波堤か道路になる計画が出ているそうで、ご高齢の被災者は、将来どこに住むやら頭を痛めているようです。
できれば小さくても一軒家住みたいが...見通しが立たず。

漁業で生計を立たくとも、船も養殖場もすべて津波で失った方々は、3人で1隻の船に乗る共同操業をしていますが、漁民の人数より枠が少なく、遠慮して若い人に譲り、参加を見送っている方もいるそうです。

震災から8ヶ月経ち、ようやく息子さんの遺体が車の中に見つかった方、
親戚の遺体が北海道や九州で見つかったという知らせが入った方などもいらっしゃるそうです。

最近ようやく、夢に亡くなった方々が出てくるようになったとも・・・

徐々に暮らしが落ち着くにつれ、やっと悲しい気持ちが出てきたり、現実的な考え事が出来るようになるにつれ、以前より虚しさが募り前向きに頑張る気力が萎える...とおっしゃっていました。

被災地外にいる者に、どんなサポートが出来るのかと、思案してしまいます。

急に寒くなってきました。
岩手県沿岸の仮設住宅の方に、今必要なものをお聞きしました。
('95年の阪神大震災の再利用で建てられた仮設住宅住民です)

・セーターなど、冬服
  女性物はLサイズ需要多い。
  ハイネックセーターも人気。

・湯たんぽ

・暖簾(カーテンは高いので、カーテンの代わり)
  大きさは一間(いっけん)の半分。窓一枚分。
  竹の棒などにひっかければ、カーテンの代わりに使えるそうです。
  (仮設住宅についてくるカーテンは、暗い色で、ウツになりそう..
   かつ隙間風がひどい為)

・結露防止シート(窓に貼るタイプ)
  結露がひどく、朝起きるとすぐ布団をあげないと濡れてしまう程だそうです。
  釜石では、お店へ行っても結露防止シートは売切れだそうです。

・銀マット(2帖サイズ)、カーペット
  隙間風が吹いてとても寒いので、役立つそうです。
  部屋が狭いのでサイズ小さめでも大丈夫だそうです。

・こたつ布団 および 毛布
  毛布は、避難所で使われいてた汚れた古い毛布をで使っている状況。
  大きめの毛布は、こたつ布団に代用できます。

・コーヒーカップ、マグカップ
  引き出物の余り物のようなもの。
  (時々ボランティアで持ってきてくれるものは、手焼き風で分厚くて色が暗く
   あまり人気がないそうです。)

・クッション、座布団
  婦人会の方が時々手作りで持ってきてくれ、大人気だそうです。
  (沿岸部のお店が軒並みなくなり、こういうものが買えるお店がまだ
   復活していないそうです)
イタリアンレストランが中心となり、食事提供ボランティアを行っています。
食材が不足しているそうです。支援宜しくお願い致します。

みなさま、いつも温かく熱いご支援ありがとうございます。   野菜類、肉、魚がとうとうなくなりそうです!   お知り合いの方、ご友人さまなどにネット等にて 拡散していただけるようお願いいたします。 ご協力お願いします。  
 送り先は 〒022−0003 岩手県大船渡市盛町下舘下18−1 リアスホール さんさんの会 080-5949-7833 菊池晶美(きくちまさみ) あて   
ご質問などあれば、ぜひ菊池までお願いいたします。   仮設に移られた方々も生活は困難なままです。 どうか、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。
釜石は津波被害が大きく、家を失った方が数多く避難所にいらっしゃいます(5/13現在。
アマゾン「ほしい物リスト」で物資をご注文下さる方を、随時募集しております。
以下サイトから、ご協力宜しくお願い致します。

☆追加(8/13)
 釜石市市内の避難所は、お陰様で全て閉鎖されました。
 これまでご支援下さった方々、ありがとうございました。

(1)市など行政からの募集

(2)避難所への直接支援

以下は、釜石のとある避難所の被災者から直接お聞ききした情報です。
・避難所に106名(4/27)→102名(5/1)→94名(5/11時点)→別避難所へ統合→閉鎖
・お風呂は10日に1度程度。→3〜4日に1度程度(5/1時点)
・食事は、白いご飯、味噌汁、缶詰。
 (被災者が当番制で、中学校給食室を借りて準備)
  →ドレッシング等の支援が届き、少しずつ野菜も食べられるようになっています。
    卵などはずっと食べていません。
20110411_142142桜.JPG
満開の桜を満喫。
今年は暖かくて、見頃の時期が短くなりそう。

東日本大震災から一ヶ月。
まだ震災の爪痕はいえませんが、桜はしっかり春を知って満開ですphoto-110411_桜.JPG

梅の花

| コメント(0) | トラックバック(0)
寒いですが梅が咲いています
梅の花
今年はチョコレートムースケーキにしてみました。 高級フレンチレストランで出てきそうな味です!
横浜市戸塚区 カナール クリスマスケーキ
Google
  Web on-o.com

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.6

アイテム

  • 131223_144405.JPG
  • 20110411_142142桜.JPG
  • photo-110411_桜.JPG
  • photo-20100327-桜.jpg

最近のコメント

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

アーカイブ