←TopPage>eclipseで開発>J2EEしてみんとす>WAR作成


WAR作成

はじめに

ここでは、eclipseでLombozを利用したJ2EEアプリケションの開発で、 WARの作成し、delpoyし、ブラウザでアクセスしてみましょう。

WARの作成

J2EEプロジェクトの作成

J2EEプロジェクトは、EJBの入っているのと同じJ2EEプロジェクトを使います。

WARを作成

「ファイル」→「新規」→ 「Lomboz J2EE Module」
WAR1.png

今回はWARの作成なので、Web Moduleにを追加します。

Web Moduleタグで、「Add...」ボタンを押す。

WAR2.png

Web Moduleの名称を聞かれるので「myweb」と入力

WAR3.png

「サーバの設定が行われていない」と警告が出るので、「Target Server」タグで、「J2EE RI 1.3.1」を追加する。

WAR4.png

最後に「Finish」ボタンを押して終了 以上でWeb Moduleができました。

ServletやHelperクラスをWARの中に入れる

Lomboz 2.1ではserlvetが入ったWARを作ることができません。 WEB-INF/build.xmlとbuild.propertiesをXDocletのサンプルをベースに作った。

に置き換えるとできるようになります。

WEB-INF/build.propertiesには、すでに記述済みのWindows用とLinux用のサンプルを参考に eclipse.homeの値をeclipseのインストールしてあるディレクトリ、serverhomeをJ2EE SDK 1.3.1(RI)をインストールしてあるディレクトリに設定して利用してください。

今回の例では、../EJB-Client作成で、Javaアプリケーション単体として利用したSLSBclientをJSPからEJBを呼び出すためのヘルパークラスとして利用しますので、これらのファイルの置き換えが必要です。

SLSBclientの変更

../EJB-Client作成では、出力先がコンソールであるSystem.out固定だったSLSBclientを、JSP/Servletから利用するために出力先を可変にできるようにします。 これは、JSP/Servletの出力にしてブラウザーで動作が確認できるようにするためです。

クライアントプログラムの src/test/SLSBclient.javaに以下の変更を加えます。

importを追加

import java.io.PrintWriter; //for Servlet

次に、出力先を記録するフィールドを用意

private PrintWriter out = new PrintWriter(System.out); //for Servlet

出力先設定のアクセスメソッドを追加

public void setOut(PrintWriter out) {
    this.out = out;
}

出力先をSystem.outから、outに変える

System.out.println("Return=" + myBean.hello(1) );

 ↓

out.println("Return=" + myBean.hello(1) );

以下のような感じになります。

WAR5.png

index.jspの追加

さて、本題のJSPの編集です。 「SLSBclientを生成し、出力先を設定して、テストメソッドを呼び出す」 ようにするため、index.jspに以下のコードを追加します。

<%
test.SLSBclient test = new test.SLSBclient();
test.setOut(response.getWriter());
test.testBean();
%>

このような感じになります。

WAR6.png

J2EE RIでLambozのWARを動かす方法

WARを作る

eclipse LambozでWARのdeployを行います。

WAR7.png

deploy中には、以下のダイアログが表示されます。

WAR8.png

ここでエラーが無ければ、EJBの時のように、myweb/myweb.warが出来ます。

WAR9.png

完成したWARのサンプルです。

deploy

上でできたWARファイルを、J2EE RI deploytoolで、J2EEアプリケーションの 中に取り込みます。

コンテキストルートを設定します。(例: MyJ2EE )

J2EE SDK 1.3.1(RIの事)で、設定済みのEARサンプルです。

動作確認

ブラウザで、 http://localhost:8000/MyJ2EE とするとページが見えます。

SLSBのテストプログラムのリターンはnullなので、表示は以下のように、寂しいですが…

Return=null 
Welcome

エピローグ

一応、ここまでで「eclipseによるJ2EEの開発手順」の説明を終わります。

まとめとして、eclipseのプロジェクト全体のサンプルを添付します。

このZIPファイルは、eclipseにインポート可能です。ただし、J2EEとして動かすためにはLombozプラグインが必要です。

次は、「各種リソースを使おう!」ということで、「 ../J2EEでJavaMail 」などもあります。

←もくじに戻る


←TopPage>eclipseで開発>J2EEみんとす>WAR作成


添付ファイル: filemyweb.war 2244件 [詳細] fileJ2EEtest.ear 2124件 [詳細] fileJ2EEtest030728.zip 1674件 [詳細] fileWAR9.png 1404件 [詳細] fileWAR8.png 1427件 [詳細] fileWAR7.png 1482件 [詳細] fileWAR6.png 1400件 [詳細] fileWAR5.png 1498件 [詳細] fileWAR4.png 1393件 [詳細] fileWAR3.png 1424件 [詳細] fileWAR2.png 1455件 [詳細] fileWAR1.png 1493件 [詳細] filebuild.properties 2984件 [詳細] filebuild.xml 3751件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2003-07-28 (月) 16:56:12 (4991d)