←TopPage>eclipseで開発>J2EEみんとす>Lomboz2.1不具合対策


Lomboz2.1のLinuxでの不具合対策

発生条件

eclipse 2.1でLomboz 2.1プラグインをUnix環境(含むLinux)で利用した場合に発生します。

Windows環境やeclipse 2.0.2 + Lomboz 0.97 の場合には発生しません。

ObjectlearnよりLomboz21_02.zipというパッチリリース02が提供されました。 それでは、この問題が修正されています。

現象

JBOSS,Tomcatなどのサーバ選択が行えない。

  • ウィンドウ→設定のLombozのServer設定が不可能
  • J2EE Projectを作成するに、サーバー選択のタグでサーバ一覧が出ないので選択できない。
  • EJBコンポーネント/Webコンポーネントの追加でも同上。

原因

Linux上ではLombozがインストールしたディレクトリが、うまく取得できていません。

インストール先が絶対パスのはずが、Lombozの中では先頭の"/"が抜けて相対パスになってしまっているのです。

例: eclipse 2.1 インストール先  /usr/local/eclipse2.1
    Lombozの認識               usr/local/eclipse2.1

対策

暫定対策方法1

対策としては、eclipse 2.1を起動するディレクトリで、シンボリックリンクを張ると良いでしょう。

例: /usr/local/eclipse2.1にeclipseをインストールした場合、起動場所からの相対パス ./usr/local/eclipse2.1 にあるとLombozは勘違いするので、シンボリックリンクを作って、相対パスでもインストール先を認識できるようにしてから起動する。

% ln -s /usr .
% eclipse 

暫定対策方法2

シンボリックリンクを張りたく無い場合は、ルートディレクトリでeclipseを起動して、defaultではカレントディレクトリに作成されるワークスペースを起動オプションで指定すると良いでしょう。

% d=`pwd`;cd /;eclipse -data $d/workspace/

など…

本対策

LombozのSourceForge.netにもBUGレポートが出ていますのでObjectLearnで対策をしてくれると思います。

パッチするなら、com.objectlearn.jdt.xml.ServerDefinitionManagerクラスのコンストラクターの中で<Lomboz>/serversのパスを作るときに先頭に"/"を加えれば良いのだけど…

参照: http://sourceforge.net/tracker/index.php?func=detail&aid=715481&group_id=52499&atid=467064

一応、原因とWORKAROUNDをコメントしておいたので、そのうち治してもらえると思います。

アンケート

このページの情報は、役に立ちましたか?

選択肢 投票
ばっちり役に立った 15  
すでに対策方法を知っていた 1  
Linuxでeclipseを使用しているので読みに来ただけ 2  
Lombozを使っているので読みに来ただけ 41  
特に関係なかった 5  
2.1_02で修正されているのを知ってたけど興味があったから 1  

←TopPage>eclipseで開発>J2EEみんとす>Lomboz2.1不具合対策


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-14 (月) 06:30:08 (3780d)