タグ: chrome extensions開発 (96)

ソート基準 日付 / 題名 / URL

  1. Chrome拡張機能の開発で、chrome.のAPIは使えないからpostMessage()でやり取りする必要があるけど、自由度が高いサンドボックスの作り方。
  2. webpackを使ってTypeScriptでChrome拡張機能を開発する方法
  3. サービスワーカーの良い設定 "type
  4. V2の間にlocalStorageからStorage API移行をしていなかったのでオプション値が引き継げない事に今日気がつく ``` V2でlocalStorageとStorage APIを同居させて裏で値をコピーしてからV3に移行するのが良さそうです。 ```
  5. サービスワーカーではXMLHttpRequestでなくてfetch()をつかうそうだ。Chrome拡張機能でManifest V3対応してたら必要になったよ。
  6. navigator.clipboard.writeText("もじれつ")が使える
  7. server_workerになって、一つのファイルしか読み込めなくなったので、頭でimportScripts("")する
  8. マニュフェストV3に移行するときに、BackgroundページをService Workerに変えるときに注意すべきこと。
  9. マニュフェストファイルV3への移行のスタートはこれから
    updated: 2021-06-06, original: 2021-06-06 to , , by takuya
  10. host_permissionsとかには触れられていないけど参考に
    updated: 2021-06-06, original: 2021-06-06 to , , by takuya
  11. updated: 2021-06-06, original: 2021-01-21 to , , by takuya
  12. Chrome拡張機能でのmoduleの読み込み方法
  13. コンテンツスクリプト、URL毎にスクリプト設定できるのしらなんた
  14. updated: 2020-02-18, original: 2019-07-31 to , by takuya
  15. RequireJSをChrome拡張のコンテンツスクリプトで使うときは、data-mainが使えないのでrequire.jsと本体.jsを読み込んで require.configで調整
  16. updated: 2019-06-10, original: 2019-06-10 to , , by takuya
  17. JavaScript圧縮
  18. CSS圧縮
  19. HTMLファイルの圧縮 $ npm i html-minifier $ html-minifier --collapse-whitespace --remove-comments --remove-optional-tags --remove-redundant-attributes --remove-script-type-attributes --remove-tag-whitespace --use-short-doctype --minify-css true --minify-js true
  20. セキュアなChrome拡張機能の作り方 web_accessible_resources, innerTextを使う。 外部通信はやめよう
  21. 難読化禁止など、Chrome拡張機能の開発ポリシーを変更しないとね
  22. 「新しいダッシュボード」だと「アーカイブ」は出来る。公開されていないアイテムはカウントされないので
  23. Chrome拡張機能でGoogleタグマネージャーでGoogleアナリティクスを使う方法
    updated: 2020-01-03, original: 2018-05-14 to , , by takuya
  24. DevToolsのResourcesタブがいつのまにかApplicationsに変わっていた。 で、あるはずのKeyがLocalStorageのリストにでない Chrome 64
  25. chrome.extension.getBackgroundPage()ではイベントベージが立ち上がらないが、chrome.runtime.getBackgroundPage()を使えば、非同期でイベントページのバックグラウンドページが再起動される
  26. ホイールのスクロール量調整
  27. manifestで "all_frames"
    updated: 2017-07-20, original: 2017-07-20 to by takuya
  28. updated: 2017-07-20, original: 2017-07-20 to by takuya
  29. Chrome Webストアの有料オプションの説明
  30. non-zero integers can't start with 0. For example, 99999 and 032 are both invalid. version_name なんていうのも有るのね
  31. 、長時間のディレイが必要な場合はchrome.alarms APIを利用します。
  32. まー Chrome Webストアからインストールできれば十分だけど
  33. updated: 2017-03-07, original: 2017-03-07 to , , by takuya
  34. 3ファイルを利用する。これらのファイルは拡張機能でOAuthを実現するために必要なファイルである。chrome_ex_ouath.htmlはコールバック先のファイルである。内部でどういった動作をしているかはわからないので、解説はできない。
  35. sendResponse({})
  36. xhr.withCredentials = true;
  37. updated: 2016-11-18, original: 2016-11-18 to by takuya
  38. バックグラウンドのページの起動時に、すでにデータがあればそのまま、なければ値を設定する例ですchrome.storage.local.get({opt1
  39. Indexed DBはキー以外の項目にインデックスを張ることでキー以外の項目も検索条件にできます。Indexed DBはトランザクションが使えます
    updated: 2016-11-07, original: 2016-11-07 to , , by takuya
  40. EventPageでのconextMenuは難しい
  41. 「background page から event page への変更」は役立つ (日本語訳と解説されていて)
  42. 今回のアップデートで違いがなくなって全部(ブラウザアクションでもページアクションでもないものまで)のアイコンがブラウザアクションのようにずらっとならんでしまいます
  43. 拡張機能をしらべてたけど、タグelementのcreateが勉強になった
    updated: 2015-03-25, original: 2015-03-25 to by takuya
  44. Google APIの利用管理
  45. Chromeアプリ一覧表示
  46. ライセンスの動作確認方法
  47. Chrome Appでのアプリ購入 ライセンス確認サンプル
  48. updated: 2014-11-12, original: 2014-11-11 to by takuya
  49. Chrome拡張機能でのGoogle Web Storeのライセンス管理
  50. Google APIの利用管理
    updated: 2014-11-12, original: 2014-11-11 to , by takuya
  51. Google Web Storeによるライセンス管理 for Chrome拡張機能
  52. Chrome App Store管理APIサンプル ユーザidentifyのサンプルでもある
    updated: 2014-11-11, original: 2014-11-11 to by takuya
  53. 組織で限定公開された Chromeアプリの公開方法
  54. 自動的にページをつなぎ合わせる データの作り方込み
    updated: 2014-11-04, original: 2014-11-04 to , by takuya
  55. Chrome Extention
  56. manifest.json 内では __MSG_*__ のような記述で messages.json で定義された文言を置き換え表示させることができます
  57. ライセンス支払いとチェックAPIなど
  58. JavaScriptを.jsファイルで出さないとダメ?
  59. Chrome拡張機能の開発でGoogleアナリティクスの入れ方。タグマネージャーの時は??
    updated: 2020-01-03, original: 2014-03-21 to , by takuya
  60. ga.jsのバターン
  61. Page Actionは特定のWebサイトのみアイコンを表示
  62. "content_security_policy"
  63. パッケージ化されていない… って開発途中の意味があったの
  64. Chrome拡張機能を作り出す際のデザインパターン・・・っていう大それたものじゃないけど、ようはテンプレが確立されてきます
  65. jQuery 2.x has the same API as jQuery 1.x, but does not support Internet Explorer 6, 7, or 8.
  66. Chrome34から?? January 2014 Chrome will stop loading or running manifest version 1 extensions.
  67. updated: 2018-09-13, original: 2014-03-13 to , , by takuya
  68. updated: 2014-11-04, original: 2012-01-31 to , , by takuya

最初へ / 前へ / 次へ / 最後へ / ページ(1/1)