←TopPage>eclipseで開発>eclipse2.0.2>J2EE開発>EJB-JAR作成


EJB-JAR作成

はじめに

ここでは、eclipseでLombozを利用したJ2EEアプリケションの開発で、 EJB-JARの作成までを、解説したいと思います。

J2EEプロジェクトを準備する

J2EEプロジェクト名を決定

J2EEの開発をLambozで始めるには、まず、J2EE Projectを作成します。 パッケージエクスプローラで、「新規」→「プロジェクト」で、 プロジェクトの選択で、「Lomboz J2EE Wizards」→「Lomboz J2EE Project」を選択します。

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

『Project settings』では、プロジェクト名として任意の名前を書きます。 今回は「MyJ2EE」としました。

『ソース』タブ

この画面で『ソース』タブの内容を変えてはいけません。Lombozは、 MyJ2EE/srcにソースが有り、MyJ2EE/binにバイナリがある事期待しています。

参照: ./Lombozインストール 「JDTと連携するための設定」 ここで、ソースとバイナリの入れ場所としてフォルダーを選択して それそれ の出力先をsrcとbinとしましたね。

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

J2EE RIでテストする予定なので『クラスパス』タブで「変数の追加」で J2EE_HOMEを選択し、「拡張」で「lib/j2ee.jar」を追加しておきます。

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

『Create J2EE Container』

次のダイアログは、『Create J2EE Container』です。 EJBを作りたいので、『EJB Container』タブを選択します。 「Add」を押すとContainer Nameを聞かれるので、任意の名前を入力します。 今回は、MyBeansとします。

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

『Servers』タブ

『Servers』タブについてはEJBがdeployできる必要があるので、今回は 「JBOSS」を選択します。 とりあえずJBOSSはインストールしていないので、JBOSS Home Directoryを 「jboss」と相対表記にしておくとworkspaceの中にJBOSSディレクトリが出来ます。

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

で『終了です』 ここでJBOSSが無いのでタスクリストにエラーが出るので 次の節では、その対策をします。

J2EE RIを利用するように変更

パッケージエクスプローラからMyJ2EEを選択して、「プロパティ」を表示 させます。MyJ2EEダイアログで「Javaのビルドパス」を選択し、『ライブラリ』 タブを表示させます。ここで、アクティブになっていないJBOSS関係のライブ ラリを削除します。

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

J2EEプロジェクトの作成完了

これで、タスクリストからエラーが無くなり パッケージエクスプローラに以下のようなプロジェクトが出来ているはずです。

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

ここでMETA-INF以下にできた6つxmlが、みつかるはずです。

  • ejb-jar.xml : EJB-JAR用のDD(まだ empty)
  • build.xml : antの情報
  • ejbGenarate.xml : Lomboz中で使われる XDocletに渡す情報
  • server.xml : J2EEサーバの情報
  • beans.xml : EJB-JARに入るBeanの情報 (まだempty)
  • ejbs.xml : antでBeanの位置を知るための情報 (まだempty)

Stateless Session Beanを作る

まだ書きかけだよ

このあと、EBの作成して、XDocletにより必要なクラスを生成し、
deployによりMyBeans.jarを作成する所までを解説する予定。
なんて書いていたら、eclipse 2.1が出て古い情報になってしまった〜

←To←TopPage>eclipseで開発>eclipse2.0.2>J2EE開発>EJB-JAR作成


添付ファイル: fileNewProject6.gif 810件 [詳細] fileNewProject5.gif 807件 [詳細] fileNewProject4.gif 797件 [詳細] fileNewProject3.gif 829件 [詳細] fileNewProject2-5.gif 832件 [詳細] fileNewProject2.gif 808件 [詳細] fileNewProject1.gif 830件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2003-07-20 (日) 02:25:51 (5265d)