←TopPage>eclipseで開発>J2EEしてみんとす>EJB-Client作成


EJB-Client作成

はじめに

ここでは、eclipseでLombozを利用したJ2EEアプリケションの開発で、 EJB-JARの作成し、delpoyが終ったあとクライアントプログラムの 作成について解説したいと思います。

EJB Clientの作成

EJB Clientプロジェクトの作成

EJBのテストクライアントとしては、プロジェクトの構成は二つの方式が考えられます。

J2EEと別のプロジェクトにする方法

ひとつは、Lombozのチュートリアルにあるように別のプロジェクトとする方法です。

普通のJavaProjectを作ります。 このときには、テストしたいJ2EEプロジェクトを「ビルド・パス上に必要なプロジェクト」 に指定しておきます。

J2EEと同じプロジェクトに入れる

J2EEのプロジェクトにいれてしまう。 つぎでのservletの作成では、この方式です。

EJB TEST clientを作成

「ファイル」→「新規」→「Lomboz EJB TEST client wizard」
Client1.png
パッケージ名
test
名前
SLSBclient
EJB Home
test.SLSBHome
EJB Interface
test.SLSB

を入力します。

EJB HomeとEJB Interfaceは、Browsでも探すことができます。

Client2.png

J2EE RIでLambozのEJB Clientを動かす方法

  • deploy時にClient JARを作る。
  • SLSBのJNDI名はSLSBBeanとする。

この<EAR名>Client.jarを、EJB Client Debug時のCLASSPATHに足す。

はじめは、クライアントクラスのprivate InitialContext getContext()メソッド の中をJBOSSクライアントの真似して

----------------------J2EE RI
props.put(InitialContext.INITIAL_CONTEXT_FACTORY,
          "com.sun.jndi.cosnaming.CNCtxFactory");
props.put(InitialContext.PROVIDER_URL,
          "iiopname://localhost:1050");
com.sun.corba.se.internal.javax.rmi.PortableRemoteObject
----------------------J2EE RI

なんて書いたけど、Client.jarが有ればいらない。 以下のようにSLSBClientクラスを追加します。

ClientDebug2.png

あと、private biz.totsuka.TEST.SLSBHome getHome()で、lookup()してきた HOME Objectを、narrowでなくてキャストしているのでダメかと思って

return (biz.totsuka.TEST.SLSBHome) obj;

return (biz.totsuka.TEST.SLSBHome)
        javax.rmi.PortableRemoteObject.narrow(obj,
                  biz.totsuka.TEST.SLSBHome.class);

と治したけどキャストのままでも問題無し。

次は

../WAR作成 」で、JSP/Sevletからテストしてみましょう。

←もくじに戻る


←TopPage>eclipseで開発>J2EEみんとす>EJB-Client作成


添付ファイル: fileClientDebug2.png 1610件 [詳細] fileClient2.png 1407件 [詳細] fileClient1.png 1427件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2003-07-20 (日) 02:26:31 (4965d)