←TopPage>[[eclipseで開発]]>[[J2EEしてみんとす>eclipseで開発/J2EE]]>EJB-JAR作成
#navi([[eclipseで開発/J2EE]])


*EJB-JAR作成
#contents
**はじめに

ここでは、eclipseでLombozを利用したJ2EEアプリケションの開発で、
EJB-JARの作成までを、解説したいと思います。

**Stateless Session Beanを作る

[ファイル]→[新規]→[Lomboz EJB Creation Wizard]でEJBモジュールを作成します。
#ref(EJBWizard.png)

:パッケージ名|test
:名前|SLSB
:ラジオボタン|Statele Session EJBを選択

で終了します。
**ビジネスメソッドを作る
Beanのソースが自動生成されましたので、ビジネスメソッドを作ります。
#ref(EJB-Method1.png)
SLSBBean.javaで右クリック→[Lomboz J2EE...]→[Add EJB method...]

#ref(EJB-Method2.png)

:Method String|public String hello(int i)

を入力する。

**EJB-JARの作成
次に、このEJBをEJB Moduleに登録します。
SLSBBean.javaで右クリック→[Lomboz J2EE...]→[Add EJB to module...]

#ref(EJB-Method3.png)
Ejb[myejb]を選択する。

ここで、"Lomboz J2EE View"を開くと、myejbにtest.SLSBBeanが登録されています。
#ref(EJB-Method4.png)

さて、EJB-JARを作ります。
#ref(EJB-Method5.png)
EJB Moduleであるmyejbを右クリック→[Lomboz J2EE...]→[Generate EJB Classes]
で、EJBに必要なクラスを作ります。

ここでプログレスバーが出ますが、うらでXDocletが起動されています。もし、エラーが出た場合は、起動したコンソールにエラーが表示されます。

起動コンソールが無い場合やWindowsの場合には、eclipseの起動時に-consolelogオプションをつけておくと、コンソールが表示されます。

パッケージエクスプローラで「最新表示」とするとejbsrc以下に必要なJavaソースファイルが、また、myejb/META-INF/には、各種サーバのXMLが自動生成されます。

#ref(EJB-Method6.png)

**EJB-JARファイルを生成
EJB Moduleであるmyejbを右クリック→[Lomboz J2EE...]→[Deploy Module]

#ref(EJB-Method7.png)
「最新表示」とするとmyejb.jarが出来たことが確認できます。
これで、完成です。
以下にmyejb.jarのサンプルを添付しますので参考にしてください。
#ref(myejb.jar)

完成です。

*次は
「 [[../EJB-Client作成]] 」で、EJBクライアントを作ってテストをしましょう。

「いまさらJavaアプリケーションのクライアントなんて、作るのはイマイチ」と思った人は、一つ飛ばして「 [[../WAR作成]] 」で、JSP/Sevletのクライアントを作ってテストしてみましょう。

[[←もくじに戻る>../#index]]

#navi([[eclipseで開発/J2EE]])
←TopPage>[[eclipseで開発]]>[[J2EEみんとす>eclipseで開発/J2EE]]>EJB-JAR作成

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS