JDeveloper 10g

J2SEの場所の設定

  1. メニューの「ツール」→「デフォルトプロパティの設定」を開く
  2. 「構成」→「Development」→「ライブラリ」を選択
  3. J2SEバージョンの「定義...」で「J2SEの編集」を開く
  4. 「場所」は、「User Libraries」とする。
  5. 「J2SE名」は、インストールしているJ2SEの名前「1.4.2_05」などとする。
  6. 「J2SE実行プログラム名」は、「/usr/lib/j2sdk1.4-sun/bin/java」とする。 ※ここを入力すると残りの項目は自動的に入力される。
  7. 「ドキュメントパス」については、APIの説明としてJ2SE 1.4とJ2EE 1.3の日 本語Javadocが見えるように、 「http://java.sun.com/j2se/1.4/ja/docs/ja/api/;http://java.sun.com/j2ee/sdk_1.3/ja/techdocs/api/」を設定する。
    ※WindowsでJavadocが日本語で出ない場合には、JKidd's blog 7月3日参照

※Document fileをjarで持っている場合には、「/usr/local/JDeveloper/jdev/doc/ohj/jdk14doc.jar!/docs/api」のようにも指定できます。 J2SEsetup.png

※System Librariesにする場合は、<展開先>/jdev/lib/libraries.xmlに書き込み権限が必要。

各プロジェクトで独自にJ2SEを設定する場合には、ナビゲータ上のプロジェク トを右クリックして「プロジェクトのプロパティ...」を開いて変更ができる。



添付ファイル: fileJ2SEsetup.png 961件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2004-07-24 (土) 14:58:04 (5295d)