JDeveloper 10g

2005/10/30追記 JDeveloper 10g(10.1.3) Stadioには、JSF開発機能が内蔵されているので、以下は(9.0.5.x)のための説明です。

Face Consoleのインストール

  1. Face Console よりfaces-console-1.6.zipをダウンロード
  2. 任意の場所に展開する。※今回は/usr/localに展開します。
  3. /usr/local/faces-console-1.6/com.jamesholmes.console.faces/lib/faces-console.jarをJDeveloperの<展開先>/jdev/lib/extにコピーする。

Face Consoleの利用

faces-config.xmlに

<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE faces-config PUBLIC
          "-//Sun Microsystems, Inc.//DTD JavaServer Faces Config 1.1//EN"
          "http://java.sun.com/dtd/web-facesconfig_1_1.dtd">
<faces-config>
</faces-config>

と書いてあれば、faces-config.xmlを開くとEditorにFace Consoleタグが出る。 &ref(): File not found: "face-config.png" at page "JDeveloper 10g/Face Consoleのインストール"; もし、出ない場合には、プロジェクト.jprを

<Item class="oracle.ide.model.Reference">
  <URL path="../../jsf-1_1/samples/guessNumber/web/WEB-INF/faces-config.xml"/> 
  <nodeClass>oracle.bali.xml.addin.XMLSourceNode</nodeClass>
</Item>

 ↓

<Item class="oracle.ide.model.Reference">
  <URL path="../../jsf-1_1/samples/guessNumber/web/WEB-INF/faces-config.xml"/> 
  <nodeClass>oracle.jdevimpl.web.struts.StrutsConfigNode</nodeClass>
</Item>

と修正する。

また、web.xmlの</description> の後に

<!-- Faces Servlet -->
<servlet>
  <servlet-name>Faces Servlet</servlet-name>
  <servlet-class>javax.faces.webapp.FacesServlet</servlet-class>
  <load-on-startup>1</load-on-startup>
</servlet>
<!-- Faces Servlet Mapping -->
<servlet-mapping>
  <servlet-name>Faces Servlet</servlet-name>
  <url-pattern>/faces/*</url-pattern>
</servlet-mapping>

JDeveloper 10g目次に戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-10-31 (月) 02:03:59 (4832d)