JDeveloper 10g

JDeveloper 10gのインストール

インストール環境

インストールした環境は、Debian Linux 3.0(WOODY) + GNOME2.2(Backport)に、 j2se-packageによりSun製のJDK 1.4.2をインストールした。

参考:

システム要件は

CPU Pentium III 866MHz 以上 
メモリー 512MB RAM 
ディスプレイ 65536色、1024 X 768 以上の解像度 
ハードディスク容量 230MB 
Java2 SDK Sun J2SE 1.4.2_03

なので、メモリやCPUの性能に注意

ダウンロード

2004/7/12現在まだ、製品版は2004/7/23のリリース予定であり、早期アクセス版がダウンロードできる。

インストールのバイナリ

JDeveloper 10gは、Oracle Technology Network(OTN)のUSサイトには、Oracle JDeveloper Downloadsに、2004/05リリースの「Oracle JDeveloper 10g (Version 9.0.5.2, build 1618)」がある。

しかし、OTNの日本語サイトのOracle JDeveloper 10g 早期アクセスプログラム ダウンロードにあるのは「Oracle JDeveloper 10g 早期アクセス版(2004/4/23)」で、まだVersion 9.0.5.1, build 1605と一つ前のバージョンなので注意。

インストール説明書

US場合は別パッケージで、Oracle JDeveloper 10g Documentationに「Installation Guide 9.0.5.2」として置いてある。

日本語サイトからダウンロードすると、ZIPの中にインストールの説明が中に入っている。

ドキュメント

USのサイトでは、J2SEを含めてて全部が入ったfullパッケージと、J2SEが入っていないbaseがある。またBaseからDocumentのみを取り出したものがある。fullパッケージのJ2SEはWindows版なので、Linuxでは、baseをダウンロードすると良い。

日本のサイトには、baseとDocumentが、それぞれ分離されて置いてあるので、両方をダウンロードする必要がある。

ファイルの展開

以下についは、日本語サイトからダウンロードしたものについて説明する。
USサイトからダウンロードできるものは、少し異なるので注意すること。

日本語サイトからダウンロードした、jdev9051-base.zipを展開する。 中身は、

Name
----
install.html
jdev9051_base.zip
jdeveloper.css
readme.html
-------
4 files

この中のinstall.htmlを読んでインストールする。

具体的には、

  1. この中のjdev9051_base.zipをインストール先(任意)に展開する。
    ※ここでは、/usr/local/JDeveloper/以下にインストールする事とする。
  2. <展開先>/jdev/bin/jdev.confを開き
    SetJavaHome /usr/lib/j2sdk1.4-sun
    と書き換える。
  3. 読み込みパーミッションや実行パーミッションは、ちゃんとunzipしていれば正しくついているはず ※ファイルパーミッションは、unzipで、ちゃんと設定されなかった場合には
    # chmod -R go+r .
    # chmod +x ./jdev/bin/jdev
    # chmod +x ./jdev/bin/ojc
    # chmod +x ./BC4J/bin/bc4j2oc4j
    # chmod +x ./jdev/bin/start_oc4j
    # chmod +x ./jdev/bin/stop_oc4j
    # chmod go+w ./j2ee/home/applications/
    # chmod go+w ./j2ee/home/config/
    # chmod o+t ./j2ee/home/applications/
    # chmod o+t ./j2ee/home/config/
    とすると良い
  4. お好みでワークのパーミッションを決める。
    # chmod -R go+wt <展開先>/j2ee/home/config <展開先>/j2ee/home/applications 

OC4Jは、JDeveloper 10gに内蔵されているので「スタンドアロンOC4Jの使用」 は、あまり必要が無いでしょう。


JDeveloper 10g目次に戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2004-07-16 (金) 05:02:01 (5148d)