[[JDeveloper 10g]]

ここでは、おなじみのGetting Start「コンソールにHelloWorld!を出力する」をJDeveloper 10gで、やってみます。

#contents

*JDevloper 10gでHello World

参考: [[Building Your First Program with JDeveloper 10g>http://otn.oracle.com/obe/obe9051jdev/FirstStep/FirstStep.htm?_template=/ocom/technology/content/print]]

**新規アプリケーションの作成
+Applicationナビゲータの「Applications」を右クリックして「新規...」~
&ref(ApplicationNew.png);
+「新規」ダイアログで「General」の「ワークスペース」を選択~
&ref(GeneralWorkspace.png);
+「ワークスペースの作成」ダイアログでワークスペース名をWorkspace1から
MyFirstAppに変えて登録する。~
&ref(WorkspaceName.png);
+ここで、「新規の空のプロジェクトを追加」にチェックしておきます。「OK」
をすると.jwsファイルが出来ます。~
&ref(NewEmptyProject.png);
+「新規プロジェクト」ダイアログでプロジェクト名を Project1から
MyProjectに変えて登録します。~
&ref(NewProject.png);
+ナビゲータに「MyFirstApp」→「MyProject」がイタリック体(未セーブ)で表
示さているので、「全て保存」を行う。~
&ref(MyProjectAllSave.png);


**テストクラスの作成
+「MyProject」を右クリックして「新規」~
&ref(NewClass1.png);
+「Javaクラス」を選択~
&ref(NewClass2.png);
+クラス名を「Class1」を「Hello」に変えて、「デフォルトコンストラクタの
生成」をOff、「mainメソッドの生成」をon~
&ref(NewClass3.png);
+適当にmainメソッドを書く ( System.out.println("Hello World"); と書いた)

※コード・インサイト(コードの補完)は、emacsキーバインドの場合Alt+Space
です。コード・インサイトが効かない場合は、jarがライブラリに登録されて
いない疑いがありますので「[[./J2SEの場所の設定]]」を確認します。
いない疑いがありますので「[[../J2SEの場所の設定]]」を確認します。

**テストクラスのコンパイル
+ナビゲータのHello.javaを右クリックして、「Compile」を選択~
&ref(Compile.png);
+正しくコンパイルできた事をメッセージにより確認する。~
&ref(CompiledMessage.png);
※メッセージが表示されていない場合には、メニューの「表示」→「ログ」で
表示できます。

※ここで「java.lang.Objecが見つからない」とエラーが発生した場合には、
「[[./J2SEの場所の設定]]」を確認します。
「[[../J2SEの場所の設定]]」を確認します。

**テストクラスの実行
+ナビゲータのHello.javaを右クリックして、「実行」を選択~
&ref(HelloWorldRun.png);
+実行結果を確認する。~
&ref(HelloWorldMessage.png);

----
←[[JDeveloper 10g]]目次に戻る

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS