↑日記で日々積み重ねた情報をトップの「わんこのページ」にまとめています。

わんこ日記 [RDF] YouTubeも始めました→


2013-12-19(Thu) [長年日記]

[Redmine] Debian 7.0にRedmineをインストールする

Redmineは、2010年9月23日の日記でインストールしたあと、プラグインをインストールして使っていたけど、Ruby 1.9にしたら動かなくなっていたのでアンインストールしていた。

最近、調べたらDebian SidにRedmineを2.3があって、こちらはガントチャートなどがでるらしいので、再度インストールした。

Redmineパッケージのインストール時の注意

redmine2.3は、ruby-rackのバージョンが1.5だと動かないのだけど、単にインストールするとruby-rackのバージョン1.5のdebパッケージが入ってしまうので、気おつけてjessie(testing)やSid(unstable)にあるruby-rack1.4のdebパッケージに依存しているバージョンのdebパッケージを選んで入れた。

Redmine起動にPassengerを使う

Redmine1.4の時には、fcgidを使っていたけど、その設定ではうまく動かなかったので、githubのイントールしてから利用しているPassengerを使うことにした。

まず、http://example.com/redmineで見えるように、

# cd /var/www

# ln -s /usr/share/redmine/public redmine

として、apacheの設定は、

Alias "/redmine/plugin_assets/" /var/cache/redmine/default/plugin_assets/

<Directory /var/www/redmine>

Options +FollowSymLinks +ExecCGI -MultiViews

#http://www.redmine.org/projects/redmine/wiki/HowTo_Install_Redmine_on_Debia

n_Wheezy_Testing_with_MySQL_and_Apache2-Passenger

RailsEnv production

RailsBaseURI /redmine

PassengerResolveSymlinksInDocumentRoot on

PassengerUser www-data

PassengerGroup www-data

</Directory>

とした。PassengerUserの設定を忘れるとnobodyになってPassengerがパーミッションえらーになる。また、/usr/share/redmineにGemfile.lockの書き込み許可が必要なので

# cd /usr/share/redmine

# chgrp www-data .

# chmod g+w .

とした。

本日のPingbacks(全0件)

Google Web検索 on-o.com内を検索